24blog

蜂蜜パイ/村上春樹  -神の子どもたちはみな踊るより-

熊のまさきちは町に入って、広場に自分の場所を見つけた。
そして『おいしい自然のはちみつ。コップいっぱい200えんです』という札を立てて、蜂蜜を売り始めた。
-文中より引用-

a0024605_17131420.jpg



数ある短編のなかでも特に気に入って何度も読み返している物語です。

大学時代からの親友である淳平、高槻、小夜子は、三人で親密な関係を形作っていました。
淳平は小夜子に対して淡い好意を抱き、小夜子もまた形に表せない思いを淳平に対して抱いていたのですが、その思いを伝えられないまま、ふとしたきっかけから高槻と小夜子が結ばれることになります。淳平は二人の結婚を祝福し、親友三人の親交はその後も変わらず続いていくのですが、数年後、娘の沙羅が生まれて程なくして二人は離婚することになってしまいます。

その後も淳平は数々の形にならない思いを持ち続けながら、時を過ごしていきます。
そしてある夜、寝付けない沙羅のために淳平は「熊のまさきち」のお話を作り話して聞かせることになります。それはたくさんの蜂蜜を手に入れた熊の話なのですが、淳平には自分の生み出した「熊のまさきち」のお話の結末が、自分自身の希望の持てない未来と重なって、ハッピーエンドをうまく思い浮かべることができません。

ある出来事をきっかけに淳平はついにそれまで形にならずにいた結論を導き出します。
「熊のまさきち」の物語の結末もまた、それに伴って素敵な結末を迎えることになります。
村上さんの短編の中でも特にシンプルで現実的な話なのですが、読後には心地よい余韻と共に、大切に思っている(いた)人への気持ちを思い起こさせてくれる物語だと思います。


特に印象深かった言葉を載せておきます。    

「何かをわかっているということとそれを目に見えるかたちに変えていけるということは、また別の話なのよね。そのふたつがどちらも同じようにうまくできたら、
生きていくのはもっと簡単なんだろうけど」



「東京奇譚集」に収録されている「日々移動する腎臓のかたちをした石」と主人公は多分同一だと思うので、そちらも併せて読むとお互いより深く楽しめるんじゃないかと思います。  
[PR]
# by ILL-NESSTINO | 2007-02-03 16:53 |

夕焼け東京タワー

a0024605_2055410.jpg

近くまで行ったので撮ってきました。
気温も暖かくて、なんとなくやさしい感じの空でした。

タイトルが23blogになりました。
確かこのブログを始めた時のタイトルは21blogだった記憶があるので、
時間の経つのは早いものだなぁと思いました。

21blogのときの写真
以前の記事を読んでいたら発見しました。写真に不思議と暖かさがあって好きです。
[PR]
# by ILL-NESSTINO | 2007-01-31 00:23

J-WAVE Growing Reed


人間は考える葦である。
しかし、葦はほうっておいても成長するが、
人間が成長するには自らの意思が必要だ。

人間とは自らの意思によって知識を求め
思考することによって成熟へと向かう。
そう、我々は成長する葦なのだ。



ラジオが好きで寝る前の少しの時間、本を読みながらよく聴いています。毎週聴いているお気に入りの番組もいくつかあるんですが、その中で多分一番長く聴いている番組がこの『Growing Reed』です。

毎週一つのテーマを設定し、それに関する専門家にナビゲーターが色々な質問をするという構成になっていて、終わったときにはちょっとした知識が増えたり、自分自身が考えるきっかけにもなる番組です。放送時間は毎週月曜0:00からで、大抵その時間は起きていられないので、いつも携帯プレーヤーに録音して、月曜日の朝に聴いています。それによって週の始めの一時間をちょっと有意義な気分で過ごせる気がしています。

専門家に質問するナビゲーター役は、岡田准一君で、映画「東京タワー」、「フライ、ダディ、フライ」での演技などで個人的に興味を持っている人ではあったのですが、この番組を聞いていく中で、すごく色々なことひとつひとつに悩みながらも乗り越えてきた人なんだなということを感じて、それがきっかけで好感を持つようになりました。

番組のテーマはwebサイトに事前にアップされるんですが、「僕たちの将来は明るいですか?」「言葉にしなきゃだめですか?」「心について教えてください」「男と女はどこが違うんですか?」など結構興味深いものが多いです。最近は若干テーマが枯渇している感があるんですが、また盛り返してくれるんじゃないかなと期待しています。webサイトではこれまでの放送をテキスト化したバックナンバーが閲覧できるのでお試しに興味のあるテーマを覗いてみてください。


J-WAVE Growing Reed webサイト
[PR]
# by ILL-NESSTINO | 2007-01-29 20:56

Windows Vista風デスクトップ

画像はクリックで拡大します。 ※ファイルサイズが大きい(148KB)ので注意a0024605_1252141.jpg

Windows Vistaのリリースが間近ということで個人的に気になってはいるのですが、
XPで使用上特に支障がないということから導入はまだ先になりそうです。
とはいえあのインターフェースは格好良いなぁということで、
現在の環境でVista風なデスクトップを再現してみました。
壁紙はdesktopographyから、ガジェットはgoogleデスクトップのものです。
アイコンなんかは変更しなかったのですが、気分だけは味わえるような気がしています。

Microsoft Windows Vista ホーム
[PR]
# by ILL-NESSTINO | 2007-01-28 12:53 | エレクトロニクス

過去からの日記

世にも奇妙な物語が好きで毎回見るようにしているんですが、
その中でも特に心に残っているのが西島秀俊さんと蒼井優ちゃんの出ているこの作品で、
観た当時、自分は涙を流したことを覚えています。

ストーリーはひとつの物語を書いて小説家となった男(西島さん)が主人公で、男はその後の作品が書けず、工事現場での仕事でなんとか生計を立てています。埋もれていきそうな自分に失望し小説家として生きることを断念しようとする中、古本屋で一冊の日記帳を見つけます。その日記帳は過去に生きる女の子(蒼井優ちゃん)のものでした。
結局その日記帳を買って帰った男は、その中に書かれた「今日もいいことが何もなかった・・」という文章の下に、何気なく言葉を書き記すのですが、何故か日記帳の次の日のページには、それに対する女の子からの返事が書かれています。その日記帳は過去と現在に生きる二人をつないでいるのです。

他にも美女缶や結婚シミュレーターなど心に残り続ける作品が多く、DVD化されていないのは残念です。ただ、某動画投稿サイトにもバックナンバーが結構あるので見てみると楽しいかもしれません。

世にも奇妙な物語あらすじデータベース
[PR]
# by ILL-NESSTINO | 2007-01-24 22:51

MARK OUT/KM-MARKIT

a0024605_21225968.jpg


最近よく聴いているアーティストKM-MARKITの2ndアルバムです。
個人的に音楽の嗜好が変化してジャズだったりクラシックを聴くことが多くなり、HIPHOPを聴く事が少なくなってはいるんですが、その分好きな曲を厳選するようになったのかなとも思えます。
そうした選択の中では個人的にバイリンガルラップというか、英語っぽく日本語でライミングするスタイルや、海外を意識したトラックがどうしても多くなるんですが、その中でKM-MARKIT(ケムマキ)は特に注目しているアーティストです。UBG(ZEEBRAなんかの所属するHIPHOPグループ)出身で、海外生活を長くしていたらしく、英語のライミングもかっこいいです。FULL OF HARMONYの曲や倖田來未の曲にフューチャーされていたりと客演の機会が多く短いバースでもきっちり聴かせてくれる気がします。

肝心のアルバムの内容なんですが、トラックメイカーが複数いてそれぞれ全く違ったビートで楽しめる所がいいです。FULL OF HARMONYがフューチャーされている「Mermaid」もかっこいいんですが、個人的には2曲目の「Get Low」が最もトラックとライムに勢いが感じられて好きで、ZEEBRAがフューチャーされている「未来予想図」も2人のシンプルにラップが好きっていう気持ちが表れているようで気持ちよく聴けます。「ME&MY...」は加藤ミリヤとの曲なんですが、コーラスの雰囲気とラップが合っていて、ドライブなんかで気楽に聴くといい感じです。
「HOT」は同じくバイリンガルフロウのSPHERE of INFLUENCEと彼の曲でよく客演しているJAMOSAとの組み合わせで、多分アルバム中もっともアップテンポな曲だと思います。気分的に盛り上げたい時にいいんじゃないかと思います。色々と書いて、結局一番聴いているのはVERBALとやっている「バカヤROW」でリリックの潔さとトラックのかっこ良さが気にいって繰り返し聴いてます。PVも面白めの出来なのでおすすめです。

スキルは叩き上げというか着実に積み上げてきた分、堅実に聴かせてくれると思うので、今後更に期待したいなぁと思います。個人的な欲を言えば、自分が一番好きな日本のプロデューサーBACH LOGICのトラックで一度やって欲しいなと思っています。
[PR]
# by ILL-NESSTINO | 2007-01-22 22:04 | 音楽

silas&maria

a0024605_1213850.jpg


silasのシンプルな服作りが個人的に好きで、良く足を運ぶんですが、先週からセールがかかっているということで、silas&mariaをちょっと覗いてきました。

元々年明けからセールはかかっていたんですが、更に価格が下がっていて、折角なので色々買ってしまおうかな・・とも考えたんですが、結局無難にベルトとネックレスとKUBRICKを買って帰ってきました。そこまで混雑してはいなかったので、割合ゆっくりと見ることができました。

帰りにこれもまた気に入っているMOTIVEとUNUSEDなんかを置いているUNCUTにも寄ったんですが、特に何も買わずに、雨も降り出したため足早に帰ってきました。

◆SHOPDATA
 SILAS & MARIA
  渋谷区代官山町3-13 2F
  ℡03-5459-0608 (MEN'S)
  03-5459-0607 (WOMEN'S)




[PR]
# by ILL-NESSTINO | 2007-01-21 12:04 | 洋服

THE WORLD IS ECHOED/freetempo

以前の記事で書いた「Imagery」,「Oriental Quaint」がとても良かったので、
続けて1st albumのこの作品を聴いてみました。
a0024605_14441471.jpg


先に聴いた二作と比較すると、曲ごとの個性が際立っていて、ある意味荒削りな部分も感じられるんですが、その分ストレートに曲の主張みたいなものが伝わってくる気がします。

あまりまだ聴いていないのですが、最初の印象で言えば、特に「Sky High」という曲が際立って印象深かったように感じます。イントロのピアノの音色から次第に浮遊感が増してくる曲の構成がとても印象的でした。曲の中で語られる言葉は少なくても曲のイメージを強く印象付けるfreetempoのメロディセンスは、なかなか他では味わえないものなのではないかと思います。

ジャケットが冊子ではなく、ポストカード型で一枚一枚印象的な写真によって構成されています。気に入った写真をちょっと飾ってみても楽しいかもしれません。

freetempo.net
※サイト内では楽曲が流れます。
[PR]
# by ILL-NESSTINO | 2007-01-17 14:46 | 音楽