24blog

真珠のコップ / 石田衣良 -短編集スローグッドバイより-


『真珠のコップは空っぽのまま、スタンドの明かりを淡く透かして乳白色に光っている』

スローグッドバイ
石田 衣良 / 集英社
スコア選択:




石田衣良さん作の「スローグッドバイ」という短編集が個人的に気に入っていて、何度も読み返しているんですが、特に気に入っている一編「真珠のコップ」について書きたいと思います。

物語はテクニカルライターをしているヒロトとコールガールのリカコとの関係性を書いたものなんですが、一般的な客とコールガールという関係性にそぐわない、二人のとても暖かく素直な気持ちが伝わってきて読むとなんとなくほっとします。

ヒロトの感じる「生きているけれど、なにかが足りない」という気持ちや、世の中を諦観しているような姿勢にはどことなく共感してしまいます。
大人になっていくにつれて、どろどろとした話が身の回りに増えていくとは思うんですが、
こういう素直な話を読んで、息抜きというか、ちょっとお休みするのも悪くないんじゃないかなと思います。
[PR]
by ILL-NESSTINO | 2007-02-22 20:57